決勝大会競技要項

 

名称 第10回全国施設選抜レディースフットサル大会
主催日本フットサル施設連盟
共催

東北フットサル施設連盟関東フットサル施設連盟
東海フットサル施設連盟関西フットサル施設連盟
中四国フットサル施設連盟九州フットサル施設連盟

主管日本フットサル施設連盟東海フットサル施設連盟
協賛  
運営協力東海フットサル施設連盟
開催日時 2014年4月13日(日) 
会場大洋薬品オーシャンアリーナ(名古屋市港区)
参加対象12歳以上の中学生から一般女性まで。
※ 18歳以下で構成されたチームは保護者の引率が必要です。
メンバー票ブロック予選を勝ち抜いたチームは指定のメンバー表に記入して頂く。
メンバーは15名までとし、追加・変更はできない。
参加チーム

東北(2チーム)、関東(2チーム)、東海(2チーム)、関西(2チーム)、中四国(2チーム)、九州(2チーム)での各予選を勝ち抜いた12チーム。

組合せ当大会の組み合わせは、大会事務局にて、抽選で決定する。
試合形式リーグ戦後、決勝トーナメントを行います。
試合時間:10分-5分-10分(ランニングタイム)
予選リーグにおける順位・戦績は、勝ち3点・引分1点・負け0点の勝点方式により、勝ち点の多い順に決定する。但し、勝ち点の合計が同一の場合以下の順で決定する。
 1)全試合の得失点差 2)全試合の総得点 3)該当チームの対戦成績
上記1)~3)の方式においても同一の場合は、コイントスとする。
決勝トーナメントで同点の場合は、PK方式(5人。以降サドンデス。)にて勝敗を決定します。
競技規定 2013年4月時点の財団法人日本サッカー協会フットサル競技規則および本大会の規定に準じる。
・ファールの累積は4つ目より第2PKとします。
・大会期間中に警告を2回受けた者は次の1試合に出場できない、また退場を命じられた選手は次の1試合に出場できない。
・外国人選手は4名まで登録可能で、同時に試合へ出場できる人数の制限はありません。
・大会期間中の重複登録はできない。
・試合が一方のチームの責に帰すべき事由により、開催不能又は、中止となった場合(不戦敗等)、その帰責事由あるチームは0対3で敗戦したものとみなす。
注意事項

・選手全員揃いのユニホームを着用のこと。(GKは除く)
※相手チームと同色の場合ビブスを着用
・すねあて必着。着用していない選手は、出場できない。
・危険物(眼鏡・アクセサリー)を着用してのプレーは禁止する。
・シューズは、靴の裏が飴色または白色のノンマーキングシューズ。それ以外を履いた選手の出場はできない。
・コート内でのアップは、開会式前に行うことができます。その際、譲り合ってご使用ください。
※ハーフタイム中にコートを使用したアップは禁止です。また、コート外でのボールを使用したアップも禁止です。
・開会式には、ユニフォームを着用の上、選手全員が参加してください。(開会式後、お土産抽選会と集合写真・チーム写真の撮影を行います。)
・コート内では、給水用の飲み物以外の飲食は禁止です。(ガムや飴を食べながらのプレーも禁止。)
・施設内では、全館禁煙となります。
※喫煙される場合は、屋外の所定の場所でお願いします。
・参加チームは競技の進行が円滑に出来る様、運営スタッフの指示に従ってください。
・来場者の所持品の盗難、紛失などについて一切の責任を負いかねます。貴重品の管理は各自でお願いします。

大会事務局大会事務局 日本フットサル施設連盟 事務局
TEL 03-3294-6501/FAX 048-290-1019