一般社団法人日本フットサル施設連盟 会則

(名称)
第1条 当法人は一般社団法人日本フットサル施設連盟と称する

(主たる事務所)
第2条 当法人は、主たる事務所を東京都千代田区に置く

(目的)
第3条 当法人は、フットサルを普及発展させること並びに民間施設の事業安定を推進することを目的とし、その目的を資するために次の事業を行う

  1. フットサル施設に関する情報収集および広報活動
  2. フットサル施設運営に関する調査、研究及び研究活動
  3. フットサル施設運営に関する会員相互の支援、交流、連絡、そのほかの会員に共通する利益を図る活動
  4. フットサル競技に関する研究及び技術指導
  5. フットサル競技大会の企画運営
  6. 前各号に掲げる事業に付帯関連する事業

第4条 当法人の公告は、官報に掲載する方法により行う

第5条 当法人は、理事会および監事を置く


第6条 当法人の会員は次の2種とし、正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律上の社員とする

  1. 正会員 当法人の目的に賛同して入会した各地方フットサル施設連盟に加盟する法人または個人
  2. 賛助会員 当法人の事業を賛助するために入会した個人または団体

第7条 正会員または賛助会員として入会しようとするものは、理事会が定める入会申込書により申込み、理事会の承認を受けなければならない。

第8条 入会金について
    ※以下2013年度会費

 正会員:入会金 0円  年会費 2万円
 賛助会員:入会金 20万円 年会費 25万円

第9条 会員は、理事会において別に定める退会届を提出することにより、任意にいつでも退会できる

第10条―第12条 掲載省略

第13条 当法人の社員総会は、定時社員総会及び臨時社員総会の2種とする

第14条 社員総会は正会員をもって構成する。社員総会における議決権は、正会員1名につき1個とする

第15条 社員総会は、次の事項を決議する

  1. 入会の基準並びに会費及び入会金の金額
  2. 会員の除名
  3. 理事及び監事の選任及び解任
  4. 理事及び監事の報酬の額またはその規定
  5. 各事業年度の決算報告
  6. 定款の変更
  7. 長期借入金並びに重要な財産の処分及び譲受け
  8. 解散
  9. 合併並びに事業の全部及び事業の重要な一部の譲渡
  10. 理事会において社員総会に付議した事項
  11. 前各号に定めるもののほか、一般法人法に規定する事項及びこの定款に定める事項


第16条 定時社員総会は、毎年1回、毎事業年度終了後3か月以内に開催し、臨時社員総会は必要がある場合に開催する

第17条―第23条 掲載省略

第24条 当法人には、次の役員を置く

  1. 理事 3名以上30名以内
  2. 監事 1名以上3名以内
    • 理事のうち1名を代表理事とし、代表理事をもって会長とする。また2名以内を副会長とし、1名を専務理事とする

第25条―27条 掲載省略

第28条 理事及び監事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時社員総会の終結の時までとする。
以下省略

第29条 役員は、社員総会の決議によって解任することができる。ただし、監事を解任する場合は、総正会員の半数以上であって、総正会員の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行わな得ればならない

第30条―第34条 掲載省略

第35条 理事会は理事をもって構成する

第36条 理事会は定款に定めるもののほか、次の職務を行う

  1. 社員総会の日時及び場所並びに議事に付すべき事項の決定
  2. 規則の制定、変更及び廃止に関する事項
  3. 前各号に定めるもののほか、当法人の業務執行の決定
  4. 理事の職務の執行の監督
  5. 会長、副会長及び専務理事の選任及び解職
    ・・以下省略

第37条―第44条 掲載省略

第45条 当法人の事業年度は毎年4月1日から始まり翌年3月31日に終わる

第46条―第52条 掲載省略

第53条 当法人は、公正で開かれた活動を推進するため、その活動状況、運営状況、財務資料等を積極的に公開するものとする

      情報公開に関する必要な事項は、理事会の決議により別に定める情報公開規定による

第54条 当法人は、業務上知りえた個人情報の保護を万全に期するものとする

      個人情報の保護に必要な事項は、理事会の決議により別に定める

第55条―第59条 掲載省略

第56条 本定款に定めのない事項については、すべて一般社団法人法そのほかの法令に従う

以上、一般社団法人日本フットサル施設連盟定款より抜粋